楽譜がスラスラ読めない人へのアドバイス

大人になってからピアノを始めると「楽譜を読むのってやっぱり難しいな…」と感じる方も多いようです。

そんな方にむけ、楽譜をサクサク読むためのコツをご紹介します。

本当は楽譜を読まずに音を聞いて弾くことができれば、それに越したことはないのですが、音を耳で覚えて弾くためには、耳の力を鍛える時間が必要です。

わかりやすく楽譜を読むにはどのような方法があるか、ご紹介します。

楽譜を読む本来の意味

幼少期から長きにわたりピアノを続けている人は、だいたい中学生や高校生あたりで完璧な譜読みをすることができるようになります。

本来、譜読みというのは、音符を読むだけではなくて、速度や強弱、表現の記号、作曲家の指示や意図をくまなくすべて読み取ることを指します。

このため、必要であれば作曲された当時の時代背景や作曲家自身の曲を作った頃の状況を書物で調べたりします。

楽譜の版を複数用意して見比べたり、CDやリサイタルも一人のピアニストだけではなく、複数の演奏や音源を聞いたりして解釈の違いを学んだりもします。

レッスンを重ねていくうちに、音楽を深く知りたい、曲の持つ意味をもっと理解したいと思うようになると、本当に様々なことを学びたくなるものです。

楽譜を読むのはなぜ面倒か

それでは、大人になってからピアノを始めるとどうして楽譜を読むのが面倒になるのでしょう。身近な方々に聞いてみると、こんな答えがかえってきました。

「今さら五線上を1音1音見ていくなんて老眼でできない」

「ピアノを習ってこなかったんだから、できれば楽譜の音符にルビをふった状態にして楽譜を作ってくれたらいいのに」

楽譜上に並んだいろいろな音符。一つずつ五線の上で確認しながら読むのは、本当に根気のいる作業ですね。

子供と違って大人になると、身体的な問題や時間的な制約などいろいろな事情が重なり合って、改めて楽譜と向かい合う気力が起きないのも当然かと思います。

ですので、もしも楽譜をスラスラと読みたいけれどそれができないという場合は、次にご紹介するやり方で楽譜を読む練習をすすめてみてください。

楽譜の読み方のコツ 右手編

わかりやすくお伝えするため、右と左の楽譜に分けてコツをお伝えします。

はじめは、ト音記号上の楽譜を想定してご紹介をします。

大人はいろいろな事情があり、レッスンや練習に時間を費やすことが難しいかと思います。

そのため、基本となる音、覚えやすい場所にある音だけを五線上で覚えてしまいましょう。

ト音記号で覚えるべき基本の音は「真ん中のド・ソ・高いド」

ご存知の方も多いと思いますが、念のため最初にト音記号についてご紹介します。

ぐるぐるとうずを巻いた部分から書き始めるト音記号は、その書き出し部分の黒丸を「ソ」の位置に書く決まりがあります。

そこから上に線(せん)、間(かん)と上がれば「ラ、シ、高いド」、逆に「ソ」から降りると、「ファ、ミ、レ、真ん中のド」です。

真ん中のドは、見た目が土星のようなマークです。五線譜からは下にはみ出していて、まるで串に刺したお団子のようにも見えますね。

 

このため、楽譜を読む際は、「真ん中のド、ソ、高いド」の3つを軸に譜読みをすすめていきましょう。

慣れてきたピアノ学習者でも、譜読みしながら弾こうとすると「大体この音、かな?」と自信なく譜読みを進めている場合もあるものです。

このため、ご紹介した代表的な音3つの位置だけを覚えていただき、あとは楽譜を見ながら音符を指で追うか、実際のCDなど音源を聞きながら楽譜と照らし合わせるだけでも、読み間違いを減らすことができます。

楽譜の読み方のコツ 左手編

左手は、伴奏部分を書き示すことが多いへ音記号のついた楽譜で表しますが、左手の場合はどのような音を覚えるべきなのでしょうか。

へ音記号の楽譜で覚えやすいのは「ファ・ミ・ソ」

左手の場合も、へ音記号の書き出し部分と、記号の黒丸2つがポイントとなります。

まず、へ音記号の書き出しは「ファ」に黒丸を作ってからスタートです。これで、まずは左手の「ファ」の音符の位置がわかるはずです。

次に、へ音記号の右には2つの黒丸が存在します。

下の●は「ミ」、上の●は「ソ」に書かれていますので、「ミ」から下に1音ずつ下がっていくと「レ、低いド」、「ソ」から1音ずつ上がっていくと五線を逸脱して土星のように浮いているのが「真ん中のド」です。

音部記号を頼りに譜読みをしよう

このように、それぞれの楽譜には音部記号(ト音記号やへ音記号のことです)に譜読みのヒントが隠されています。

少しでも楽譜を読むことが楽になるように、譜読みのヒントを最大限に生かしながら力をつけてください。

何曲か譜読みを続けているうちに、だんだんと「なんとなくド?かな」「これはソだ!」と、楽譜上の音符の位置がわかるようになっていきます。

楽譜は必ず読めるようになる

楽譜に読んだ音を書き込むことを嫌う先生もいますが、大人の方はご自身のやりやすい方法で、楽譜を読まれることをおすすめします。

まずは、カタカナでルビをふって、1音1音を確実に読む力を養ってもよいですし、CDや動画で音を聞きながら楽譜をみて音を知るというやり方もオススメです。

即興演奏などではない、楽譜にある曲を弾く場合は、できるだけ譜読みを早めに進めて、その曲を弾き込んでいく作業に時間をかけたいものです。

そのためにも、譜読みの訓練用の楽譜を用意したり、あまり音符数が多くない初心者向けの楽譜で譜読みの力をつけたりすることをオススメします。

楽譜は必ず読めるようになります。どうぞリラックスしながら譜読みを楽しんでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

武蔵野音楽大学卒業後、(財)ヤマハ音楽振興会に就職。

在職中はヤマハ音楽教室の講師研修やテキスト作成の補助業務、会員誌の編集などを担当。出版部門に出向後は輸入楽譜の日本語ライセンス版や新刊情報誌の編集に携わる。

現在は指の病気のため講師業を休職中。「ピアノを弾いてみたい…」と願う方の一助を担えたらと思い、初心者の方にもわかりやすく丁寧に執筆しました。