ピアノ初心者のための音符の読み方 音符の種類・五線譜のルール・上達のコツを解説

ピアノを始めて間もない方に、音符の読み方をご説明します。

音符にはさまざまな種類がありますが、音符を読む法則と音符が表す音の長さを覚えてしまえば、いろいろな楽譜を見て演奏できるようになります。

そのコツをお教えしたいと思います。

音符を読む前に知っておいていただきたいこと

皆さんが音楽を楽しむ際、音符を見る場所と言えば楽譜ではないでしょうか。

出版されている楽譜というのは、作成者が趣向をこらしアレンジを施したものです。

楽譜の先にいるユーザーを見据え「こんなふうに簡単にしたから弾けると思うよ!」「こんなに魅力的な音がする伴奏にしたからきっと楽しいよ!」とお伝えするツールです。

同じ音楽を志す人間が作るものですから、音楽を楽しみたい気持ちは同じです。

ですので、この記事を読むことで「ああ、楽譜を読むのがいやだな…」という方も、できれば読譜(楽譜を読むこと)のいろはを理解していただき、お好きな曲を楽譜を見て弾き、楽しんでいただけたら幸いです。

まずは音符に種類があることを知ろう

音符にはいろいろな種類があります。ピアノを始めてすぐに楽譜で出合うような代表的なものをご紹介します。

初心者が出会う音符
  • 四分音符:音を1拍分(タンと叩く感じです)のばす音符
  • 二分音符:音を2拍分(1拍の2倍)のばす音符
  • 八分音符:音を1拍の半分(タと叩く感じです)のばす音符

これらが比較的、活用率の高い音符です。頭の片隅に置いておいてくださいね。

音符を読むうえで知っておくと便利な五線譜の仕組み

音符は五線の上を順番に上がったり下がったりすることで読むことができます。

ですので、ここで一度、五線譜の仕組みと読み方についてご案内します。

五線譜は、その名のとおり5本の線でできています。そして、一番下から「第1線、第2線…第5線」と5本すべてに名前がついています。

線と線には「間(あいだ)」があります。その間にも名前がついていて、「間(かん)」と読み、これも下から読んでいきます。

第1線と第2線の間が「第1間(だい1かん)」、第2線と第3線の間が「第2間」、3線と4線の間が「第3間」、4線と5線の間が「第4間」となります。

そして、音符はというと、これも一番下から順番に線の上、間、線の上、間…と順番に5線を使って記していきます。

基本となる音「真ん中のド」の音符は、五線上にはない!

基(もと)となる音「真ん中のド」は、この五線譜の中では足りず、第1線のそのまた下に位置します。このため、音符そのものに横棒を短く書き加えて表します。土星の形に似ている音符が第1線の下に書いてあれば、それが「真ん中のド」の音符です。

この「真ん中のド」の音符だけ覚えておけば、あとは、線上と間を順番に読んでいくだけです。指でなぞると間違えずに読んでいくことができますよ。

以下は「真ん中のド」以降、ソの音までの読み方です。

第1線の下にぶら下がるように書くのが「レ」、第1線上にまたぐように書くのは「ミ」です。次は、第1線と第2線の「間」にあるのが「ファ」、第2線上に書かれているのが「ソ」です。

とにかく音符を読む順序は「線、間(かん)、線、間!」と覚えてみてください。

音符を読むときに便利なポイント

さきほど、音符を読むときは、「真ん中のド」から指で数えるといいとお伝えしました。

「でも、真ん中のドはわかったけれど、もう少し上や下の音になったら、音符を指で追うのに時間がかかるな」ということもあり得ますね。

そのようなときに使えるポイントを2つご紹介します。

ト音記号の書き始めは「ソ」の音

ト音記号というものをご存知ですか?

主に右手で弾くパートに多く用いられる記号で、五線譜の一番出だしの部分に書かれています。🎼→このような記号です。

実は、ト音記号を書くときには、うずまきの書きはじめを「ソ」の位置から書くように決まりがあります。

「ソ」は、日本語で読む音名で「ト」と呼ばれます(日本語では、ドの音がハと呼びますので、その順番で読んでみるとこうなります)。

五線譜で「ソ」の音は、第2線上に位置します。このため、「ソ」の音符はト音記号のはじめの部分で確認することができます。

ト音記号のもう一つのポイントは、「高いミ」の位置

「ソ」の場所がト音記号で判明するとお伝えしましたので、今度は高い音をどう素早く読むかをご紹介します。

「高いミ」は、一番上の「第4間」に位置します。

これを1つ覚えておけば、五線の上のほうの音符が指で数えやすくなり、譜面を読みやすくます。

ヘ音記号のポイントは、ヘ音記号の点2つ

左手で弾くパートを表す五線譜には、ト音記号の代わりにヘ音記号というものを用います。

ヘ音記号の右側には、点が2つ縦に並んで付くのですが、これが音符を読む際の便利なポイントになります。

下の点は「低いミ」を表し第3間に書かれており、上の点は「低いソ」を表し第4間に書かれます。低いミから一つ下の「第2間」に降りると、そこが左手の小指が置かれる場所「低いド」です。

初歩の方の曲では、ハ長調のものが多く、「ド」の使用頻度が高いと言えます。ぜひ、ヘ音記号の点の位置で、音符を探す方法を覚えてくださいね。

コツをつかめば音符は読みやすくなる

今回は、音符の読み方と、音符を読むうえで知っておくと便利なポイントについてご紹介しました。

音符や休符、五線には、それぞれに意味があり、その決まり事をもとにして奏者は楽譜を読み、初めて曲をスムーズに演奏することができます。

ご紹介したように、例えば「高いミは第4間」など、ご自身が理解しやすい音符の位置1カ所をまず覚えて、楽譜の音符を指で追っていただけると、間違いなく譜面を読み進めることができます。

ぜひ、ご紹介した音符の読み方を実践していただき、楽譜を見たらすぐ弾ける、オールマイティなピアニストを目指してください。

きっと音楽を楽しむ幅が広がることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

武蔵野音楽大学卒業後、(財)ヤマハ音楽振興会に就職。

在職中はヤマハ音楽教室の講師研修やテキスト作成の補助業務、会員誌の編集などを担当。出版部門に出向後は輸入楽譜の日本語ライセンス版や新刊情報誌の編集に携わる。

現在は指の病気のため講師業を休職中。「ピアノを弾いてみたい…」と願う方の一助を担えたらと思い、初心者の方にもわかりやすく丁寧に執筆しました。