【ピアノ初心者向け】手の形の基本を解説

ピアノを弾き始めて間もない方のために、正しい手の形について解説します。

ピアノを弾く際は、手や指の形を良くすることがとても重要で、様々なピアノテクニックを身につけるためにもきちんと覚えておくことをおすすめします。

ピアノを弾くなら、手のひらで卵やテニスボールを持つイメージを

ピアノを弾くときには、まず姿勢を正しくしたり、椅子に座る位置を気にしたりします。その次に気を配っていただきたいこと、それは「手の形」です。

ピアノを弾く手の形というのは、ピアニストや弾くジャンルによって異なるものです。

平たくして弾いたり、丸くして弾いたりとその状態は様々なのですが、初心者の方には、まず基本形を覚えて頂きます。

早く上達して応用編に行くためにも、これからご紹介する内容で手の形に注意していきませんか?まずは、メロディラインを弾く機会の多い右手から確認してみましょう。

1:左手でグーを作る

じゃんけんで出すようなグーを作ってください。本気でじゃんけんをするときのようにきつめのグーではなく、少しやわらかめのグーが最適です。

2:手のひらで卵やテニスボールを持つイメージで、グーにした手を少しずつ広げる

やわらかめのグーを作った左手を、右手のひらで包みます。このとき、ドーム状の右手の形をつぶさないように注意します。

3:その手を鍵盤上に載せる

まずは「真ん中のド」に親指を載せます。ガチガチになった力は抜き、リラックスして指を鍵盤に置きましょう。

4:親指をはじめそれぞれの指が、1つずつ鍵盤に載るように、指と指の間隔をあける

親指が「真ん中のド」に載ったら、隣の「レ」に人差し指、「ミ」に中指…という風に、1指1指の間隔を少しあけながら載せていきます。最後は「ソ」の音に小指が載ったら完成です。

5:丸くなった手のひらはなるべくつぶさず、キープする

親指と小指はもともとほかの3指に比べ短いので、鍵盤を押す際には手のひらが少しつぶれてくるのですが、手のひらが鍵盤につくことなく丸みはキープできるようにしましょう。

6:1音ずつ順番に弾いてみる

6まで順を追ってくると、手の甲から指のラインまでが自然な丸みを帯びると思います。この形を保って、指の力を育てるテクニックの練習を始めてみてください。

はじめは1音1音弾いていくことが難しいかもしれませんが、手の力を入れる加減が徐々にわかるようになり、無理のない状態でピアノを弾けるようになります。

手の形を良くすることは指の形にも直結する

手の形をドーム型のようにして保つと、自然と指も丸くなります。

この状態が、ピアノの鍵盤を押すのにとても有効な形です。

指が丸みを帯びると、ピアノを弾こうとする力が自然と指に伝わります。このため、鍵盤も下まできちんと押すことができ、音がきれいに響きやすくなります。

手の形がつぶれていると演奏はどうなるのか

ピアノの練習が進み、楽譜の1小節のなかに音符が山ほどある曲に出合ったとします。

なんとか弾きこなさなくてはいけないとき、上達が不完全な方の指が伸びてしまっていると、どうなると思いますか?

指のハラの部分すべてで鍵盤を押すことによって、鍵盤に指がついている面積は広くなります。その結果、指は鍵盤から機敏に離れられなくなります。そして、1指1指を動かすことに時間がかかってしまうのです。

こうなると、曲のイメージとは大幅にかけ離れテンポも遅くなり、演奏の質は落ちます。

なるべく手の甲は丸くすることを心がけ、指までの距離がなめらかな山になるようイメージして、手の形を作ってみてください。

手の形を良くするためにおすすめの練習

まずはじめは、練習あるのみです。毎回の練習を通して手の形をその都度確認していきましょう。右手のみご紹介しますが、左手でも同様の練習が行えます。

練習法

1:先にご紹介した1~6までの右手の形を作るステップを踏む。

2:親指を「ド」に置く

3:4つずつ数えながら(4拍と言います)弾く

4:人差し指以降も同様に4つずつ数えながら弾く(指がぐらぐらしないように気をつけましょう)

5:小指の「ソ」までいったら、「ファ」「ミ」と4つずつ数えながら下りてくる。

この練習は、指の形を確認する意味でも慣れるまで続けると良いでしょう。4拍ずつ弾いた後は、2拍ずつ、1拍ずつというように、だんだん1音の長さを短くします。

手の形が崩れていないと、テンポを速めても鍵盤を押す力が一定に保たれ、音のばらつきがなくなりますよ。ぜひ練習に取り入れていただき、正しい手の形を覚えていきましょう。

指くぐりや指またぎが上手にこなせるように手の形を丸く保とう

指くぐりや指またぎ、聞いたことはありますか?

指は5本しかありませんが、曲によっては5指だけでは弾ききらないフレーズが出てきます。

このとき、右手なら3の指(中指)まで進んだ後に、中指の下から親指をまわして続きのフレーズを切れ目なく演奏できるようにします。

これを指くぐりと言います。

初心者の方が指を伸ばしたまま指くぐりをしようとすると、中指と親指の長さの差からくぐった親指が鍵盤に載せづらくなります。

手の甲を丸く保つことで、この差が埋まり親指を使いやすくなります。このように、演奏上のさまざまな場面で活用機会が多いのが丸い手の形なのです。

目標とする曲を弾けるようにするためにも、正しく弾きやすい手の形を覚えキープしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

武蔵野音楽大学卒業後、(財)ヤマハ音楽振興会に就職。

在職中はヤマハ音楽教室の講師研修やテキスト作成の補助業務、会員誌の編集などを担当。出版部門に出向後は輸入楽譜の日本語ライセンス版や新刊情報誌の編集に携わる。

現在は指の病気のため講師業を休職中。「ピアノを弾いてみたい…」と願う方の一助を担えたらと思い、初心者の方にもわかりやすく丁寧に執筆しました。