ピアノの椅子の座り方と弾く姿勢 正しい座り方が美しい演奏を支える

ピアノを弾き始めて間もない方に、ピアノの椅子の座り方と姿勢を解説します。

ピアノの椅子は身長や座高に合わせて高さを調節することで、鍵盤をより押しやすくできますし、姿勢は、きれいな音色を出すためにも正しく保つことが大切です。

演奏前に、ぜひ参考にして頂きたいです。

ピアノ椅子の座り方をマスターしよう

ピアノの椅子は、ときに演奏の良し悪しを左右します。

「え?椅子だけでそんなことになるの?」と思われるかもしれませんが、ピアノを弾く体を支えるという、大仕事を担う椅子の存在はあなどれません。正しい座り方をマスターして下さいね。

ピアノ椅子の種類と選び方

ピアノの椅子は、背もたれがついたものや、横長で背もたれがついていないタイプのものがあります。

それぞれ高さの調整は可能で、椅子の高低を調節するレバーの位置や座面のクッション度合いが、制作会社によって若干異なります。

ピアノコンクールやリサイタルでは、ピアノ選びと同じくらい椅子の選定も重視されます。

アコースティックピアノでは上記の2種類がポピュラーですが、電子ピアノやキーボードでは、高さの調節ができない簡易的なものもあります。

「鍵盤が低い気がする」「弾きづらくて肩が凝る」など、ピアノを弾くときに気になることがある場合は、椅子の高さが関係しているかもしれません。

高さの調整ができない椅子には1枚座布団やタオルを載せる、椅子を別のものに変えるなどして、腕の高さを弾きやすい位置に保てるようにしてみてはいかがでしょうか。

座面の高さ

椅子の高さも、演奏に大きく影響します。

基本的には、ご自身がピアノを弾きやすいと思う位置にセットしていただけると良いのですが、このとき、少し気にしたいのが肘の曲がり具合です。

椅子を低めにセットすると肘が下がり、ピアノの鍵盤を押す際に力が指に伝わりにくくなります。また、椅子の座面が高すぎると手首が浮いてしまい、指の位置が安定しません。

高低の調整ができる椅子の場合は、何度か高さを試してみて、自然な形で無理なく鍵盤が押せると感じる位置に設定してください。

椅子の座り方

次に、椅子の座り方についてご説明します。

ピアノを演奏するとき、背もたれには背中をべったりとつけないようにします。椅子の座り方には、お尻や足の位置も関係します。

大体、座面の3分の2程度のところにお尻を載せると、右足裏がペダル近くにしっかりと付きやすくなります。この時、左足は少し後ろに引き気味にすると体全体のバランスがとりやすくなります。

ピアノを弾く姿勢

椅子の座り方同様に、ピアノを演奏する際に気を付けたいこと、それは姿勢です。

姿勢良くピアノを弾くことで、肩、腕、肘、指と鍵盤を押す力が無駄なく伝わっていきます。では、どのようなところにポイントがあるのでしょうか。

背中を意識する

ピアノを弾くときは、背中を伸ばします。

天井から頭を引っ張られているとイメージすると、背中だけでなく頭も持ち上がります。重心がピアノの鍵盤がある前方に移りますので、よりピアノの音を出しやすくなります。

猫背の状態でピアノを弾くと重心が後ろに下がってしまうため、鍵盤を押そうとしても力が腕にうまく伝わりません。

そのため鍵盤を下まで押せなくなります。芯のある音が出ない状態を招いてしまいますので、背筋はなるべく伸ばした状態でピアノを弾きましょう。

腕の角度に気を付ける

腕の角度に気を付けることも、ピアノを弾くうえで大切なポイントです。

大体肘の角度を45~50度くらいにすると、手首が上がりすぎたり、下がりすぎたりしないため自然な状態で手の形をキープすることができます。

重心のかけ方・使い方

楽譜を良く見ると、大きな音で弾く指示がある箇所があります。

楽譜を見なくても曲には大体盛り上がりの部分というものがあり、直前までのメロディとは曲の雰囲気を変える意味で力強く弾きたくなるかもしれません。

そのようなときは、体の重心を前へ移動させます。こうすることにより、指の力だけでは無理な強めの音でも、体全体で表現できるようになります。

ピアノは全身を使って表現できる楽器です。ぜひ、体重を載せたときの音、重心を後ろにして力を抜いた状態の音を弾き比べてみてください。

ピアノ練習を始めて間もない方でも、音の変化がわかるかもしれませんよ。

正しい椅子の座り方と姿勢で、ケガ知らずのピアノ奏者を目指そう

今回は、ピアノを弾く際に気を付けたい、椅子の座り方と姿勢について説明しました。

正しい椅子の座り方や姿勢を保てないと、指だけで鍵盤を押すことになります。手首や手のひらに無理な力がかかって、腱鞘炎(けんしょうえん)になりかねません。

腱鞘炎はやっかいな病気で、一度罹ってしまうと完治するまでに時間がかかります。そして、繰り返し発症する場合もあります。

ピアノを弾き始めたときこそ、椅子の座り方や正しい姿勢を知り、重心のかけ方を覚えるチャンスです。無理のない自然な姿勢でのピアノ演奏を心がけ、ケガ知らずのピアノ奏者になりたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

武蔵野音楽大学卒業後、(財)ヤマハ音楽振興会に就職。

在職中はヤマハ音楽教室の講師研修やテキスト作成の補助業務、会員誌の編集などを担当。出版部門に出向後は輸入楽譜の日本語ライセンス版や新刊情報誌の編集に携わる。

現在は指の病気のため講師業を休職中。「ピアノを弾いてみたい…」と願う方の一助を担えたらと思い、初心者の方にもわかりやすく丁寧に執筆しました。