【ピアノ初心者向け】ゼロからの楽譜の読み方講座

楽譜は誰でも読めるようになります!

ピアノを習い始めて間もない方でも簡単に覚えられる、おすすめの楽譜の読み方をご紹介します。楽譜が読めると、さまざまなアレンジの曲集にもチャレンジできるようになるため、演奏の幅が広がりますよ!

ぜひご紹介する方法で、楽譜の読み方をマスターしてください。

楽譜を読む前に知っておいていただきたいこと

楽譜は、誰にでも読めます。

楽譜の書き方には法則がありますから、その名前や音符を読む法則さえ覚えてしまえば応用も効くようになり、自然と楽譜を読む力が身についていきます。

プレッシャーに感じることはまったくありません。無理せず、ご自身のペースで構いませんので、少しずつ一歩一歩決まり事を覚えていきましょう。

楽譜には5本の「線」がある

小学校の音楽の授業では、基本的な楽譜の読み方を教えているはずなので、これからご説明する内容を「大体は覚えている!」という方もいらっしゃるかもしれません。

楽譜には、横に伸びた5本の線があります。これを「五線(ごせん)」と呼びます。線にはそれぞれ決まった読み方があり、下から数えていきます。

一番下の線は「第1線(だい1せん)」、下から2番目の線は第2線。続けて順番に、第3線、第4線、第5線、と読んでいきます。

上から読むのではなく下の線から読みはじめますので、その点だけ忘れないようにしてくださいね。

5本の線には「間」が存在する

次に覚えていただきたいのは、線と線の間にある「間(かん)」についてです。

間(かん)は、5線の間に存在します。そしてこの「間(かん)」も、下から順に読んでいきます。

第1線と第2線の間は「第1間(だい1かん)」、第2線と第3線の間は「第2間」、第3線と第4線の間は「第3間」、第4線と第5線の間は「第4間」です。

楽譜は、「線(せん)」と「間(かん)」に音符が書かれていく

ここまで、線(せん)と間(かん)について理解していただけたでしょうか。次は、楽譜上でどのように音符が書かれていくかをご説明します。

通常、右手で演奏する楽譜は「ト音記号」という名前の、うずまきのような記号で書かれます。音楽で基本となる音、まずはじめに覚えていただきたい音は「ド」です。

ピアノなどの鍵盤楽器を前にして、真ん中に座ってみてください。ちょうどおへそのあたりに「真ん中のド」があります。

右手でチョキをしたら、黒い鍵盤が2つ並んでいる上にチョキの指を置きます。親指は白い鍵盤に自然と載るのですが、その白い鍵盤が「真ん中のド」です。

この「真ん中のド」は、実は五線の上に表記できません。第1線の下に音符の丸を書き、串刺しのお団子のように少し短めに線を書き足したもの、それが楽譜上の「真ん中のド」です。

楽譜で、真ん中のドから順番に音符を書いていくと、

五線譜と音符の位置

「真ん中のド」…先ほどご説明したとおり、第1線の下に串刺しのように丸(音符)を書く

「レ」…第1線にぶら下がるように丸を書く

「ミ」…第1線上に、線をまたぐように書いた丸

「ファ」…第1間(第1線と第2線の間です)に書かれた丸

「ソ」…第2線上に、線をまたぐように書いた丸

と、なります。お分かりいただけたでしょうか。音符は、五線の「線(せん)」と「間(かん)」を順繰りに書かれているものなのです。ですので、「ソ」の次の音である「ラ」は第2間に書かれますし、「シ」は第3線、次の音である高い「ド」は、第3間に書かれます。

逆に左手で弾くような低い音は、下に降りていくことで読み進めることができます。「真ん中のド」の一つ下は「低いシ」、以後順番に「低いラ、低いソ、低いファ、低いミ、レ、ド…」と音が続きますが、楽譜上ではヘ音記号というマークで表されます。

同じように五線譜で表すのですが、第5線に載るように書かれているのが「低いシ」、第5線にまたがるように書かれているのは「低いラ」です。ヘ音記号で記される第4間の音は「低いソ」になります。

いかがですか?このように楽譜の法則さえ一度覚えてしまえば、「ああ、線と間を繰り返して、音は表されていくのだな」と気づくことができます。

ゆくゆくは楽譜を見ながら1つずつの音符を指で追い、楽譜を読みすすめていくことができるようになりますのでご安心ください。

五線で足りない音符は、丸に短い線を引いて表すことができる

前の項で説明しましたとおり「真ん中のド」同様に、五線の中だけでは表しきれない音があります。

どんどん上に向かうと、第5線に書かれた音は「高いファ」、第5線に載るように書かれているのが「高いソ」になります。

「高いソ」から上の音は五線がなくなってしまいますね。そこで、「真ん中のド」のように丸に短めの横棒を書き足すと、「高いラ」を表すことができます。

音符の種類を覚えよう

次に、音符について説明します。

音符には、音の高さを表すだけではなく、音の長さを表す役割もあります。ピアノを習いたての時期に目にする頻度が高くなる音符からご紹介しましょう。

  • 4分音符(しぶおんぷ)

4分音符は黒い丸に棒が1本立っている音符のことを指します。「黒丸に棒」と覚えておいてください。「タン」と一度手をたたいてみます。1回手をたたいたその長さが、4分音符の長さです。

  • 2分音符(にぶおんぷ)

2分音符は白い丸に棒が1本立っている音符です。「白丸に棒」と覚えましょう。

2分音符の長さは「タン」の2回分です。「ターン」といったところでしょうか。

  • 全音符(ぜんおんぷ)

全音符は白い丸です。棒も何もつきません。「白丸」と覚えてください。

音の長さは「タン」4つ分です。「ターーン」となります。

  • 8分音符(はちぶおんぷ)

8分音符は黒丸に棒をたて、その棒にひげを書いたものです。「黒丸に棒、ひげ」と覚えてみてください。音符の長さは、「タン」の半分。「タ」です。

休符(休みのマーク)の種類を覚えよう

楽譜には音を鳴らすための音符のほかに、休むためのマークがあります。これを休符(きゅうふ)と呼びます。

休符は、それぞれの音符の長さと同様に種類があります。こちらも使用頻度の高いものをご紹介します。

  • 4分休符(しぶきゅうふ)

4分音符と同じ「タン」という長さだけ、休みます。

  • 2分休符(にぶきゅうふ)

2分音符と同じ「ターン」の長さだけ、休みます。

  • 全休符(ぜんきゅうふ)

全音符と同じ「ターーン」の長さを休みます。

  • 8分休符(はちぶきゅうふ)

8分音符と同じ長さ「タ」だけ、休みます。

音符と休符の種類や長さが理解できたら挑戦したい「リズム打ち」

楽譜を読むために必要なことを、少々長く説明してまいりました。頭の中が一杯いっぱいになっていませんか?

これからご説明する内容は、すぐにではなく、いつやって頂いても構いませんので、軽い気持ちで読んで頂ければ幸いです。

それぞれの曲には、リズムがあります。どんなにテンポの遅い曲でも、逆に早すぎてついていけない曲でも、楽譜上で表す際はすべて音符の種類を組み合わせて記載することが可能です。

楽譜に早く慣れるためにも、まずはじめにいきなり弾くのではなく、楽譜の音符どおりにリズム打ちを実践して下さい。リズム打ちのステップを踏むことで、曲の流れを体感することができますよ。

たとえば童謡の「チューリップ」なら、「咲いた、咲いた」は、「タンタンタン(休み)タンタンタン(休み)」となります。リズム打ちをしたとおりの速さで、次は音の名前で歌ってみましょう。「ドレミ(休み)ドレミ(休み)」。曲のテンポ感も体験できたはずです。

最後に、これを実際に弾いてみます。リズムに乗って上手に弾けるはずです。

楽譜が読めれば何でも弾ける

今回は、初心者の方が楽譜を読む際に必要となる知識である「五線のしくみ、音の読み方・探し方、音符や休符の種類と長さ、音の読み方、リズムのとりかた」についてご説明しました。

これらのことさえ理解できれば、楽譜はだんだんと読めるようになります。

はじめは、短めで音符の数の少ない曲が掲載されている、初心者の方向けの楽譜を手に入れ、実際に音を読んでみましょう。そして、次に弾いてみるということを繰り返してください。

きっとあっという間に慣れて、違う楽譜に挑戦したくなるかもしれませんね。

楽譜売り場には、初級や中級といったレベルに合わせてアレンジされた、各ジャンルの楽譜が数多く並んでいます。

少ない音符の数でも、アレンジャーは弾き映えするように音に趣向を凝らすものです。ぜひ、両手で弾けるようにして、レパートリーを増やしてはいかがでしょうか。
ご紹介した楽譜の読み方を参考に、ぜひチャンレンジしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

武蔵野音楽大学卒業後、(財)ヤマハ音楽振興会に就職。

在職中はヤマハ音楽教室の講師研修やテキスト作成の補助業務、会員誌の編集などを担当。出版部門に出向後は輸入楽譜の日本語ライセンス版や新刊情報誌の編集に携わる。

現在は指の病気のため講師業を休職中。「ピアノを弾いてみたい…」と願う方の一助を担えたらと思い、初心者の方にもわかりやすく丁寧に執筆しました。