【超初心者向け】ピアノを独学で弾くための練習方法 まずはドレミファ~の位置と音の高さを把握しよう。

ピアノは「弾きたい!」という気持ちさえあれば独学でも弾けるようになります!

初心者の方でもピアノを弾けるようになる練習方法のコツをお教えします。肩の力を抜いてピアノに向かえるようになるおすすめの練習方法をお教えします。

まずはピアノの初歩中の初歩から解説します。

まずは音の名前を覚えて基本の「ド」の位置を知ろう

学校の音楽の授業で覚えた記憶があるという方も多いと思いますが、ピアノに限らず音楽を習う際、必ずと言っていいほど習うのが「ドレミファソラシド」という音の名前です。

これからお話しすることを参考にして頂き、まずは基本の「ド」の位置を覚えましょう。

鍵盤は「ドレミファソラシド」の繰り返し!

ピアノの鍵盤は全部で88鍵あります。初心者は、その数に圧倒されてしまうかもしれません。

しかし、それぞれ1つずつの鍵盤がすべて違う音というわけではなく、よくよく鍵盤を見たり、音を聴いたりしてみると、ただ単に「ドレミファソラシド」の繰り返しになっているのがお分かり頂けるでしょう。

高くなったり低くなったり、いろいろな音の高さで「ドレミファソラシド」という音が繰り返されているのです。ですから、「ピアノって鍵盤を見ただけでクラクラする…」と思わずに、どうぞ肩の力を抜いて、まずはこの「ドレミファソラシド」を確認しましょう。

「ドレミファソラシド」を実際に音の高さに合わせて言ってみる

「ドレミファソラシド」を確認したら、次は実際の音の高さに合わせて声に出してみませんか声に出すことで、音の違いが体感できます。

音の違いをなんとなく体で覚えられるようになれば、ピアノを独学で弾けるようにするための近道になります。「ドレミ~」が言えたら、次は逆に高いドからはじめて「ドシラソファミレド」と下ってみることも良い練習になりますよ。

どのような順番でもやり方でも結構です。
声に出して「ドレミ~」を言ってみて、ぜひ遊び感覚で「音」に慣れ親しんでくださいね。

鍵盤があるなら音を鳴らして真ん中の「ド」を探してみる

もしも今、鍵盤楽器が手元にあり実際に触れる状態であれば自由に音を鳴らしてみてください。いろいろな音がしますね…。いろいろな音がすることがわかったら、基本の音となる真ん中の「ド」の位置を探します。

「楽譜が読めなくてもピアノを弾けるようになる理由」の回でも書きましたが、
鍵盤のちょうど真ん中に座ると、おへその位置にちょうど真ん中の「ド」がきます。

真ん中の「ド」の見つけ方は、以下の通りです。

ドの見つけ方

1:右手をチョキにする

2:おへその前あたりに黒い鍵盤が2つの塊になっている部分があるはずなので、それぞれに人差し指と中指をそっと置いてみる

3:その時、自然と親指が載る、その白い鍵盤が、真ん中の「ド」

4:実際に親指でやさしく「ド」を押し音を出す

はじめてピアノを習いにきた子供にも、同じように真ん中の「ド」を覚えてもらうことから始めるのですが、子供にはおまじないの呪文のように右手をチョキにさせて「黒(中指)、黒(人差し指)、ド(親指)」と言葉を発しながら教える場合があります。呪文というと子供はおもしろがって繰り返し唱えてくれます。

大人でも同じことが言えるのです。恥ずかしがらずに実際に口に出すことで体全体で覚えやすくなり、真ん中の「ド」の位置と音を忘れにくくなりますよ。ぜひご紹介した方法やご自身で覚えやすい方法を見つけていただき、真ん中の「ド」の場所と音をすぐ発見できるようにして下さい。

さあ、実際に弾いてみよう!

いよいよ、ご自身の手を使って実際に鍵盤を弾いてみましょう。

実際に弾いてみよう

SETP1:手のひらでテニスボールをやさしく、ふんわりと掴むイメージで、手を丸くします。

SETP2:手の形はそのままに、真ん中の「ド」 を右手の親指で押します。

STEP3 :人差し指は「レ」に載ります。

STEP4:中指は「ミ」に載ります。

STEP5 :薬指は「ファ」に載ります。

STEP6 :小指は「ソ」に載ります。小指は短い指なので弾きづらいのですが、なるべく指を伸ばさずに丸い形のまま鍵盤をそっと押して下さい。

これで「ドレミファソ」まで弾いたことになります!

お疲れさまでした!

手の形を丸くすることと鍵盤を弾くことに慣れよう

前の項目で、実際にご自身で音を鳴らす経験をしてみたわけですが、いかがでしたでしょうか。少しでも楽しかったと感じていただけたら幸いです。

手の形についても述べましたが「手のひらにボールを掴むイメージをするなんて難しい」「指がどうしてもまっすぐになってしまう」など、やりにくいことも多々あると思います。

実際、幼少期にピアノを習ったことがある方の中にはピアノ教室の先生から手の形についてくどく指摘され、ピアノが嫌いになった」という経験をした方もいらっしゃるかもしれません。

■手の形が重要な理由

「手の形なんてどうでも良い!音が鳴ればいい!」と思いたいところですが、これから弾いてみたい曲がある場合には、できる範囲で構わないので手の形は丸くしておいた方が良いでしょう。

これには理由があります。指を伸ばした状態で弾くと、鍵盤に届かない指が出てしまったり、指が足りないときに別の指をすぐに用意しづらくなるからです。

なるべく、鍵盤は指の先端にある爪と肉の間部分で押せると、長い曲でもスムーズに弾きやすくなります。ぜひ一度指を伸ばしてみたり、丸くしてみたりといろいろな手の形、指の形を鍵盤で試してみてくださいね。

これも立派なピアノの練習になります。遊び感覚で、少しずつ鍵盤に慣れ親しんでいきましょう。そのうちに、なんとなく耳なじみのあるメロディが偶然弾けたりするかもしれません。探って弾いて、音の種類や高さにもどんどん慣れていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

武蔵野音楽大学卒業後、(財)ヤマハ音楽振興会に就職。

在職中はヤマハ音楽教室の講師研修やテキスト作成の補助業務、会員誌の編集などを担当。出版部門に出向後は輸入楽譜の日本語ライセンス版や新刊情報誌の編集に携わる。

現在は指の病気のため講師業を休職中。「ピアノを弾いてみたい…」と願う方の一助を担えたらと思い、初心者の方にもわかりやすく丁寧に執筆しました。